アフィリエイター必見!コンテンツ制作で意識する5つの要素 アイキャッチ

アフィリエイトでいくら記事を書いても検索されなかったり、役立つ記事を書いても Google に評価されない場合は、あなたが提供するコンテンツに問題があるかもしれません。

上位表示を狙っている検索ワードに対して「何を」伝えるのか…、つまり、その検索ワードに対する答えとなるのがコンテンツです。

今回は、その答えを出すための5つのポイントをご紹介します。先日の「誰に」伝えるのか…、の続きになるので、読まれてない方は合わせて読んでみてください。

上位サイトをリサーチする

Googleで調べる男性 イメージ画像Google に評価され、検索されるコンテンツをつくるにはどうすれば良いかというと、あなたが狙っている検索ワードを実際に調べてみれば分かります。

1位〜10位のコンテンツがその検索ワードに対する現時点での検索エンジンの答えです。

もちろん、被リンクやユーザビリティなどの評価で順位は変わりますが、それでも優秀なコンテンツであることには変わりないので、ここからヒントを得るに越したことはありません。

Google が表示する傾向を知る

検索エンジンは、似たような検索ワードでも微妙なニュアンスを理解し、最適な情報を表示するので、検索ワードに対してあなたが提供するコンテンツがズレないようにしなければいけません。

例えば「ダイエット」や「肥満」といったキーワードで検索する人は「太っている」という共通の悩みなので、同じようなコンテンツでも構わないと思われがちですが、検索結果は全く違うものとなります。

実際に検索してみると「ダイエット」の方は、運動や食事制限などの痩せるための方法が上位表示されていて「肥満」の方は太っていることのリスクなど、医学的なアプローチのコンテンツが上位表示されていました。

ダイエットと肥満の検索結果

また、その検索ワードに「30代」という複合キーワードを足してみると、「30代 ダイエット」の検索結果は女性向け、「30代 肥満」の検索結果は男性向けのコンテンツが上位に表示される傾向があります。

このように実際に検索してみて、上位表示しているサイトをリサーチするのはアフィリエイトの基本です。コンテンツの大筋や、どんな人に向けて書かれているのかは必ずチェックしましょう。

Google が好きそうなキーワードをピックアップする

あなたが狙っている検索ワードを、タイトルや記事中に含ませるのは SEO (上位表示させるための対策)の初歩なのですが、関連キーワードの多さも重要です。

そこで、あなたが狙うキーワードで検索してみたら、上位のサイトではどんなキーワードが頻繁に出現するかチェックしてみましょう。ツールを使うのもアリですね。

不自然にキーワードを詰め込んだりするのは、Google の評価を落とすことになるので、あくまでも自然に記事へ溶け込ますようにしましょう。

丸パクリは厳禁!

ここまで、あなたが狙う検索ワードの上位サイトをリサーチしましたが、コンテンツをパクるという意味ではありません。

Google から記事盗用のペナルティーを受けてしまえば元も子もないので、パクりは厳禁です。

上位サイトのリサーチは、コンテンツのアウトラインの参考にするだけなので、文章はオリジナルの記事を書くようにしましょう。

相手の欲しい情報を考える

プレゼント イメージ画像検索上位のコンテンツと、ターゲットの決め方で決めた相手を見比べて「何を」伝えるべきか考えてみましょう。

アウトラインから決めていく

コンテンツのアウトラインを決めるときは、あなたが狙う検索ワードを入力する人がどんな情報を求めているのかをリストアップしていき、見出しを決めていきましょう。

<h2> や <h3> などの見出しタグ部分には、ライバルサイトをリサーチしたときに使われていた関連キーワードも含めていくと良いです。

冒頭に注意する

ネットの記事というのは「自分が求めている情報がなさそう」と感じたときにページはすぐ閉じられます。

つまり、コンテンツの冒頭部分では「自分のことだ!」とか「そうそう、このことが知りたかったのよ」と思わせるような書き出しにしましょう。

タイトルと内容に一貫性を持たせる

アウトラインが固まったら、記事入れ前のコンテンツにあなたが狙う検索ワードを含ませたタイトルを付けてみましょう。

ここで重要なのがタイトルと内容の一貫性です。

例えば「30代の男性で大変効果があったと回答した肥満解消方法」というタイトルなのに、方法が書かれておらず、肥満とは〜という必要のない説明をしたり、商品の紹介をするのはNGなわけです。

タイトルで「方法」と書かれているからその方法を知りたくてあなたのコンテンツを見に来たのに、関係のない情報ばかりだとすぐにページを閉じられます。

なので、タイトルと内容がちぐはぐにならないよう気をつけてください。

まとめ

  • Google が表示する傾向を知る
  • ライバルサイトから関連キーワードを抜き出す(丸パクリ厳禁)
  • 相手の欲しい情報をリストアップする
  • 見出しを付けてアウトラインを完成させる
  • タイトルと内容に一貫性を持たせる

コンテンツ作成前にこんなにリサーチしなきゃいけないの?と、感じるかもしれませんが、雛形をつくってルーティンにしてしまえば慣れてきます。

面倒かもしれませんが、検索エンジンから評価されたければ毎記事ごとやってみてください。