コピペ記事では検索されない?Googleのガイドラインを口語訳してみた アイキャッチ

アフィリエイト初心者に多いのですが、あなたは人のサイトの文章をコピーして、自分のサイトにペーストする、いわゆる「コピペ記事」を書いていませんか?

「べ、別に丸パクリはしていないんだからねっ!」とは言っても、部分的なコピペはあると思います。僕も初心者のころは、商品知識がなくて広告主のサイトやレビューサイトの文章をコピペしていたものです。

アクセスを集めたい…、お金を稼ぎたい…、楽をしたい…。その気持ちは分かりますが、コピペ記事が検索結果に反映されないことは知っていますか?

コピペ記事が検索に引っかからない理由

疑問に思う男性Google のウェブマスター向けガイドラインというものをご存知でしょうか?

Google が、ブログなどのウェブサイトを運営する人向けに指針を公表しているので、アフィリエイターには是非見てもらいたい情報となります。

このウェブマスター向けガイドラインに、アフィリエイター向けの情報が記載しており「コピペ記事は検索結果から除外するよ」という旨の説明がされているのですが、専門用語が多すぎて、ブログ初心者には理解できないかと思います。

そこで、前置きが長くなりましたが、ウェブマスター向けガイドラインの十分な付加価値のないアフィリエイトサイトを口語訳してみたいと思います。

Googleのガイドラインを口語訳する

Google先輩Google 先生の言ってることは専門用語が多くて言葉が硬いので、今回は Google 先輩に来てもらいました。

それでは先輩、オネシャス!!

Google のウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)では、ユーザーに付加価値を提供する独自のコンテンツを持つウェブサイトを作成するようアドバイスしています。特に、アフィリエイト プログラムに参加するサイトにとって、これは重要なポイントです。

よーし、よく聞け初心者ブロガー共。オマエラしょうもない記事ばっか書いてるみたいだから、俺(Google 先輩)から「サイコーにイカしてるオリジナル記事」の書き方を教えてやるゼ。

特にアフィリエイトやってる奴はよくチェックしときな。それじゃあ行くゼ!

一般的に、アフィリエイトのウェブサイトでは、同じアフィリエイト ネットワークに参加する他の多くのサイトにも掲載されている商品説明を掲載しています。

オマエラはシャバ僧だから、自分のブログに他人の記事とか商品ページに書いてあることをコピペとかして丸移ししてんだろ?

例えば「この商品の金額はいくらで〜」とか「こんな効果があるからおすすめですぅ〜」とか。

次から次へと湧いてくる初心者アフィリエイターはいっつもそう。利用したこともない商品を紹介する奴ばっかだから、書くことがなくて販売ページとかネットに転がってる情報を切り貼りしてるだけなんだよ。

その結果、アフィリエイト ネットワークのコンテンツを中心に扱っているサイトは、他のサイトのコンテンツと差別化できる程度に十分な独自性のあるコンテンツを持たないため、Google 検索結果でのランキングが低くなることがあります。

そんな記事オレ(Google)は認めねぇ!検索の上位が同じような内容ばっかだったらどう思う?オレの評判ガタ落ちだよ?Google のヤロー使えねぇ検索エンジンだなって言われちゃうよ?

だからいつも言ってんだろ?オリジナルの記事を書けって。お前が他の奴らと同じこと言ってんじゃねぇよ!お前は「オレはこう思う」っていう記事を書けば良いんだよ!

そしたら検索してきた人も「へぇ〜、こんな意見もあるんだぁ〜」ってなるんだろうが!まったく…、表示順を考えるこっちの身にもなってくれよ。

Google では、純粋な、つまりいわゆる「内容の薄い」アフィリエイト サイトは、何百ものアフィリエイトにコンテンツを配信するプログラムの一部であるときは特に、ウェブ ユーザーに付加価値を提供することはないと考えています。

オレは「アレはおすすめですぅ〜、コレもおすすめですぅ〜」とか言っちゃってる八方美人は好きじゃねえ。そんなヤローは信用できねぇからな。

ちったぁ訳に立つ情報を書いてみろってんだ。いくら金が欲しいからってそんなことしちゃいけねぇ、オメーも検索した時そんな記事ばっかだったら嫌だろ?もちろんオレもだ。そんな奴は検索の圏外にポイ〜だ。

そのようなサイトは多くの場合、大量生産のサイト、つまり独自コンテンツのないテンプレートのように見えます。検索結果ページにこのようなすべて同じコンテンツのサイトが複数表示されることも起こり得るため、このような内容の薄いアフィリエイト サイトはユーザーの利便性を妨げることになります。

つまりだな、ネットで調べた情報を参考に記事を書いても無駄だってことだ。なぜならその情報はすでに検索結果に出ているからな。

お前がお金を稼ぎたい気持ちはよくわかるけどな、いま存在している記事をマネして書いても、お前独自の意見が多く見られる記事でない限り検索してくる人の邪魔になるだけなんだよ。

内容の薄いアフィリエイト サイトの例としては、次のようなものが挙げられます:商品アフィリエイト リンクを含むページで、商品の説明とレビューを元の販売者から直接コピーし、独自のコンテンツや付加価値を加えることなくそのまま掲載しているもの。

例えばアフィリエイトリンクを貼る紹介記事を書くときに、利用したことがない商品だからといって、販売ページに書いてある商品の説明文をそのままコピペする奴はクソだな。

アフィリエイト プログラムに参加しているサイトが必ずしもすべて内容の薄いアフィリエイト サイトであるわけではありません。たとえば、独自の商品レビュー、評価、商品比較などを行って付加価値を提供している良質なアフィリエイト サイトもあります。

アフィリエイト プログラムに参加しているサイトを差別化してランキングを高めるために次のような方法が役立ちます。

ただな、アフィサイト全てがクソだって訳じゃねえ。

ネットで調べられるようなことを書いているんじゃなく、自分自身の目線で商品を評価してたり、いろんな角度から商品を比較して、「自分しかしていないレビュー」を書いているサイトだってあるんだ。

テメーもパクリサイトばっかり作ってないで、今からオレが言うことを守って検索の上位を獲ってみろよ。

それじゃあ、その極意を言うからその胸に刻み込んどけよ!

サイトのごく一部にのみアフィリエイト プログラムのコンテンツを掲載する。

ひと〜つ、毎記事ごとにアフィリエイトリンクを貼る奴は男じゃねえ!

ユーザーが元の販売者のサイトに直接アクセスせずにこのサイトにアクセスしようとする理由を考える。元の販売者が提供しているコンテンツを転載するだけでなく実質的な付加価値を提供するサイトにします。

ひと〜つ、コピペの商品紹介記事もクソだ!男なら自分しか書けねえ紹介記事を書くべし!

アフィリエイト プログラムを選択する際、サイトの対象ユーザーに適した商品のカテゴリを選択する。サイトのコンテンツに合ったアフィリエイト プログラムを選択することで、サイトの付加価値が高まり、Google の検索結果でのランキングが高くなり、アフィリエイト プログラムから収益を得られる可能性が高くなります。たとえば、アルプスのハイキングに関するサイトには、事務用品ではなくハイキング関連書籍の販売業者との提携が適しています。

ひと〜つ、アレコレ紹介する八方美人になるべからず!1つの商品カテゴリに収まらない節操のない男にはなるな!

ウェブサイトでユーザーのコミュニティを形成する。熱心な読者の獲得に役立ち、サイトのテーマに関する情報が集まる場を作ることができます。たとえば、ディスカッション フォーラム、ユーザー レビュー、ブログなどでユーザーに独自のコンテンツと付加価値を提供できます。

ひと〜つ、相手も会話に参加できるような記事を書くべし!ブログのコメントも1つの差別化となるぞ!

常に最新で関連性の高いコンテンツを提供する。テーマに一貫性のある最新の情報を提供すると、コンテンツを Googlebot がクロールし、ユーザーがクリックする可能性が高まります。

ひと〜つ、サイトテーマに合った最新情報を書くべし!まだ誰も書いていない新鮮な情報は優遇して上位に表示させるぞ!

他と同じようなコンテンツで構成されている純粋なアフィリエイト サイトは、Google 検索結果で上位に表示される可能性は低く、検索エンジンから低く評価される可能性があります。関連性が高い独自のコンテンツを提供すれば、ユーザーに価値を提供し、サイトを他のアフィリエイト サイトと差別化することができるため、サイトが Google 検索結果の上位に表示される可能性が高くなります

Yes オリジナル、No コピペ。

あとがき

アフィリエイトは無料ブログや無料ツールを使えば初期投資ゼロで始められるネットビジネスなので、お金のリスクをまったく負おうとしないビジネス初心者が次々と参入してきます。

しかし自分が紹介する商品にすら投資しないのであれば、その商品に対し何も感じられませんし、何の情報も得られません。これでは自分独自の記事なんてものは書けません。

コピペやリライトの記事が100%稼げないという訳ではありませんが、検索エンジンは日々進化しています。

「コンテンツ・イズ・キング」が叫ばれている昨今、アフィリエイトで生き抜くためにコピペはもう卒業した方が良いのではないでしょうか?

そして、最後にこれだけはお伝えしておきます。コピペは迷惑&違法です。