アフィリエイトが難しいのは当然!助けを待つあなたの3つの選択肢 アイキャッチ

「あの人の言う通りにやれば稼げる」と、アフィリエイトを始めてみたものの、結果がでないから誰かに助けてもらいたい…。というのは誰もが通る道ではないでしょうか?

僕もアフィリエイトを始めた頃は、ここまで難しいものなのか?と絶望して、何が悪いのかも分からず、何もできない日が続きました。

アフィリエイトが簡単だとは思っていなかったとしても、その壁の高さに気づいたときあなたはどう動きますか?

アフィリエイトが難しい理由

疑問に感じる女性まず、3つの選択肢についてお話しする前に、何故こんな状況になったのか、自分に何が足りていないのかを説明します。

何で難しく感じるの?

ネットでアフィリエイトのことを調べると「半年で稼げるようになった」とか言っている人たちばかりなので「私にもできるかも…」と、アフィリエイトを始める人はたくさんいます。

でもよく考えてみてください。あなたの目に映る情報というのは、検索で上位表示できている記事や、SNSでたくさんシェアされている投稿です。つまり、アフィリエイトで結果を出せた一握りの人たちの情報です。

彼らもその半年間は、誰よりも苦労していると思うのですが、少なくとも稼げていない95%の人よりも考え方や忍耐力が初心者のそれとは違います。

言っていることは正論でも、アフィリエイトで稼げない95%の凡人とは違う人種なので結果にズレが出るのです。そのギャップで難しく感じるのだと思います。

自分に足りてないモノは何?

自分に足りないモノがあればアフィリエイトは難しく感じます。

もちろん先ほどお伝えした考え方や忍耐力もそうですが、失敗の原因をつきとめるための知識がないから行き詰まるのではないでしょうか?

例えば「アフィリエイトは難しいけど慣れれば簡単」と言う人はたまにいますが、その人はあなたに足りていない知識と実力を持っているからそう言えるのです。

  • ウェブマーケティング学
  • SEO学
  • 心理学
  • ウェブデザイン学

上の4つに「学」の字をつけたのは、1つ1つの奥が深いからです。「難しいけど慣れれば簡単」と言う気持ちは分かりますが、0からスタートする初心者にとっては難しいものは難しいのです。

さて、前置きが長くなりましたが、これからどんな道を行けば良いか選択肢別に見てみましょう。

誰かに助けてもらう

助けるアフィリエイトは個人ビジネスなので、誰からもアドバイスしてもらえませんし、助けてももらえません。そのような状況で行き詰まってしまえば「誰か助けて!」と、言いたくもなります。

しかしあなたの声は誰にも届きません。何故なら声を出していないからです。

相手にされなかったら傷つくとか、的はずれな質問をしてしまったら恥ずかしいといった理由で、人のブログやSNSに声をかけるという行為ができないのは分かりますが、勇気を出してアクションを起こすしかありません。

前提として教える義理はない

誰かに助けてもらいたいといっても、その誰かは知り合いでも友達でもないのであなたを助ける義理がありません。

つまり、知り合いや友達、アフィリエイト仲間くらいにならないと親密な情報交換ができないというわけです。

そして教える側も暇ではないので、1〜10まで教えるというわけではないでしょう。

失礼のない最善な連絡方法

ブログへの問い合わせやSNSで連絡をとる場合、失礼のないようにしなければなりません。もちろん、いきなり「アフィリエイト教えてください」のような声かけはNGです。

相手は人間なので、本題に入る前にブログの内容について褒めたりするのが良いでしょう。できるだけ具体的に書くと「おっ、コイツちゃんと読んでるな」と、気に入られるものです。

その人と話せるようになれば、自分の状況を具体的に説明し、改善策を求めましょう。

ただ、人によっては断わられる可能性もありますし、そこまでやるのは面倒と感じるのであればお勧めはしません。

詐欺にご注意

誰かに助けてもらいたいのであれば、コンサルティングを頼むという選択肢もありますが、もちろんお金がかかってしまいますし、詐欺にあう可能性もでてきます。

「お金を稼ぐ方法を教えます」など、自称メンター(指導者)を語る者も同様です。このような人は、何も知らない切羽詰まった人間を騙すことで甘い汁を吸おうとする詐欺師である可能性が非常に高いと思います。

そして、誰かに助けてもらいたいと思っている方へ最後にお伝えしておきますが、誰かに頼ると「自分で解決する力をつける機会を逃してしまう」ので、できれば自分の力で解決するよう努力しましょう。

アフィリエイトのメンターを探しても他力本願な人は稼げない

自分でどうにかする

1人で走る女性アフィリエイトで頼れるのは己のみです。問題を自分で解決する力がなければ、この先ずっとやっていけません。

とはいえ、現状ではどうすれば良いか分からないと思いますので、解決策をご用意しました。

検索する癖をつけよう

「ググレカス」という言葉はご存知でしょうか?「Googleで調べろよカス野郎」という、ちょっと汚いネットスラングですが、検索する癖がない人には言いたくもなります。

最近はスマホが普及して、アフィリエイトをしてない人でも検索する機会が増えましたが、アフィリエイターは事あるごとに検索するくらいの癖をつけなければいけません。

例えば、このページにたどり着くまで何回か検索してきたかもしれませんが、このページにも「ウェブマーケティング、SEO、心理学、ウェブデザイン」などのキーワードがありましたよね?

1つ調べることで問題が解決することもありますし、次に調べるキーワードを発見することもあります。そうしていけば、ほとんどの問題は解決できるはずです。

ミスの原因を探そう

アフィリエイト初心者が「どこがダメなのか分からない」と、質問してくることがたまにありますが、ほとんどのサイトが全部ダメです。

その原因は、アフィリエイター目線にあります。いくらキーワード選定をして役立つ記事を書いたと思っていても、それがただの自己満足だからどこがダメか分からないのです。

アフィリエイトのノウハウではよく「相手目線になれ」と言われていますが、コレって本当に大事です。僕は記事を1つ書くときも相手の経緯や求める情報を書きだしています。

「検索で1位の記事より俺の記事の方が絶対に役立つのに!」とか言ってる人の記事ほど、検索者からしてみたら役に立たなかったりするものです。

繰り返します。深く深〜く相手の背景を考えてみてください。

ビジネスに投資しよう

お金のリスクがないからアフィリエイトを始めたという方は少なくないと思います。未だに1円も使っていないという方もいるのではないでしょうか?

人は損をしたくないという気持ちが強いので、リスクを恐れてなかなかメリットに目を向けません。これがアフィリエイトをする者にとって大きなハンデとなるかご存知でしょうか?

例えば、東京〜大阪までの距離でレースをしたとします。1人は早くゴールするために飛行機で、1人はお金を使いたくないから走っていきました。結果は歴然です。

就職する前に学校に投資し、就職してからは仕事道具に投資するのが当たり前なのに、何故アフィリエイトではそれができないのでしょうか?答えは、おこづかい稼ぎ感覚でアフィリエイトをやっているからです。

アフィリエイトをおこづかい稼ぎ感覚でやる人の末路が悲惨すぎる件

アフィリエイトをあきらめる

諦めるアフィリエイトが難しいと感じたときが「お試し期間」は終了のお時間です。アフィリエイトをとりあえずやってみていかがでしたでしょうか?

私はこんなに頑張れない、もしくはそこまでしないと稼げないならやめとくと感じたのであれば、無駄な時間を使わないよう退くのも正しい選択です。

この経験を活かして、別のビジネスをやってみるのも良いでしょう。

ただし、周りの人に「アフィリエイトは稼げない」だなんて言いふらさないでくださいね。稼いでいる人は、この「難しい」を乗り越えてちゃんと稼いでますから。

あとがき

最初に言った通り、アフィリエイトを難しく感じるのは誰もが通る道だと思います。

誰かに頼ったり、アフィリエイトをやめるのも1つの選択肢ですが、ここまで読んでくれたあなたには、いろんなことを自分で調べて成長していってほしいと思います。

願わくば、この記事を読んでくれた全ての人が成功できますように。