アフィリエイトをおこづかい稼ぎ感覚でやる人の末路が悲惨すぎる件 アイキャッチ

アフィリエイトは、とりあえずやってみようという気軽な気持ちで参入される方が多いですが、気軽にお金を支払う人というのはそうそういません。

果たしておこづかい稼ぎ感覚の「仕事」に対して、人はお金を支払ってくれるものでしょうか?そんな人の結末を見てみたいと思います。

「初心者でもできる」の現実

アフィリエイトはPCにネットさえ繋がっていれば誰にでもできるビジネスなので、「学のない私でもできるんだ」という考えで気軽に参入する人がいます。

この「初心者でもできる」は、間違いではないのですが「できる」というのは「始められる」という意味であり「稼げる」という意味ではありません。

  • 検索エンジンの仕組みを学ぶ
  • キーワード選定に脳みそを捻る
  • 相手の欲しい情報を具体的かつ的確に提供する
  • HTMLやCSSといったサイトをデザインする言語を理解する

上記の項目1つ1つがとても難解なため、初心者が理解するには時間がかかりますし、何度も失敗します。

つまり、初心者のままでは絶対に稼げません。ただ始められるだけです。

アフィリエイトを始めるのに資格は必要ないのですが、稼ぐためには資格(実力)が必要です。おこづかい稼ぎに来られた方は「勉強→失敗→やり直し」で実力をつけていくループに耐えられず辞めていきます。

「月に数万円」の現実

月に100万円なんて贅沢は言わないから、「月に数万円くらい生活の足しにしたい」という考えで気軽に参入する人がいます。

この気持ちはわかりますが、アフィリエイトで稼げるお金は「給料」ではなく「報酬」となります。つまり、どれだけ作業したかではなく、作業の成功に対して等価価値のお金を稼げるのです。

給料のイメージ
給料のイメージ
報酬のイメージ
報酬のイメージ

アフィリエイターの90%が月に5,000円も稼げていないというデータはご存知でしょうか?それを知っていれば、アフィリエイトでおこづかい稼ぎなんてできないのは理解できると思います。

月に100万円稼ごうと考えている方も、数万円のおこづかい稼ぎを考えている方も、人様からお金を頂くという高い壁を越えないといけないのは同じです。

「初期費用無しで始められる」の現実

アメーバブログ「アフィリエイトは無料で始められる」これが最も気軽に参入できる要因だと思います。

確かに無料ブログなど、費用のかからないネットサービスやツールを駆使すれば、ある程度の形にはできます。

しかし、その時点で投資をしている人と差がついていることは明白です。誰もが必死に検索結果の上位を狙っている中、ハンデを抱えて戦うのは時間の無駄使いとしか言いようがありません。

結果を出したいのであれば、投資のリスクよりメリットに目を向けるべきです。稼いだお金ならアフィリエイトに投資できるという考えでは、いつまでも0が続くだけです。

「在宅だから誰にも縛られない」の現実

後回しにする人人付き合いや、会社のわずらわしいルールに縛られたくなくて「在宅で自由に働きたい」という考えで気軽に参入する人がいます。しかし、この縛りのない自由こそが僕の1番の敵でした。

分かりやすい例で言えば、夏休みの宿題です。人は楽な方へ楽な方へと流れていく生き物なので、自分を律する力がないと作業をしません。

始めは失敗の連続なので、やる気がなくなり、モチベーションの維持に苦労します。会社なら出勤せざるを得ないのですが、誰からも怒られないアフィリエイトを休むのは簡単です。

ましてや、おこづかい稼ぎ感覚で始めたのであれば、フェードアウトも早いでしょう。

「すきな時間に働ける」の現実

喧嘩をする夫婦空いた時間を有効活用して、自分のペースで「すきな時間に働ける」という考えで気軽に参入する人がいます。

しかし、「初心者でもできる」の現実でお伝えした通り、初心者が稼げるようになるまでは時間がかかるので、他の時間を削ってまで作業をしないといけないのが現実です。

そのためには家族の理解と協力も必要となるでしょう。ちなみに僕はこれで何度も妻とケンカになりました。

あとがき

アフィリエイトをおこづかい稼ぎ感覚でやってはいけない理由はご理解いただけましたでしょうか?僕もアフィリエイトを始めた頃は、考え方を含めて失敗の連続でした。

アフィリエイトと正面から向き合い、本当に稼ぎたいと思うなら「こづかい稼ぎ感覚」から「仕事」として捉えてほしいです。本気になってからが本当のスタートだと僕は思います。